カテゴリー別アーカイブ: Uncategorized

妙高高原ネイチャースキー

山行年月日 2013年3月15日~17日

(天候:三日間ともすべて快晴)

3/15 本郷駅8時少し前に出発、昼に妙高青少年自然の家着。

午後、自然の家「歩くスキーコース」「ツアーコース」で足慣らし。

3/16 池ノ平へ行く。午前は「ほんどりすコース」、午後は「いもり池」を廻ってから「きつねコ    ース」を歩く。

3/17 午前中、赤倉観光リゾートの横のゴルフ場を歩く。昼に妙高を出発し、17時半ごろ名   古屋着。

参加人数 総数6名 W4名 M2名 CL1316 SL2409 投稿者3132

画像

今回は妙高高原。三日間とも快晴に! 目の前には真っ白な妙高の山々がそびえ、目を転じれば谷の向こう側には雪山、その奥にはさらに高い山並みが続いている。春を思わせる日差しの中、2m近く積もった雪の上で「春先のネイチャースキーの楽しさ」をたっぷり味わうことができました。

画像

1日目、妙高スキーパークへの「ツアーコース」

画像

楽しい夕食。窓の向こうに妙高山が見える。

画像

「ほんどりすコース」

画像

「ほんどりすコース」は別荘地の中も通る。

画像

いもり池をぐるっと一周。

画像

「きつねコース」

画像

気持ちの良い斜面を滑り降りる。

画像

妙高山をバックにパチリ。

広告

乗鞍高原ネイチャースキー2013

山行年月日 2013年2月26日~28日

(天候1日目晴のち曇後雪・2日目曇後晴・3日目快晴)

2/26 名古屋7:30出発、昼休暇村乗鞍高原着。午後、リフトで三本滝レストハウス                                   に上がり林間を東大ヒュッテへ。夜泣峠経由で休暇村に戻る。

2/27 休暇村からエコーラインを少し登り、原生林の中を牛溜池へ。休暇村に戻り                                  猪谷連絡コースを通り一の瀬園地で昼食。あざみ池から園地を散策し猪谷ス                               キー場まで下って休暇村に戻る。

2/28 休暇村から猪谷連絡コースをたどり、途中から林間に入り一の瀬園地前を                                    経由して猪谷スキー場。休暇村に戻り昼食。14:00休暇村を出発し18:00名古                               屋着。

参加人数 総数13名 W10名 M3名 CL508 SL2409 投稿者3132

ネイチャースキーで雪の降り積もった森の中、とりわけ人の踏み跡のない新雪の上を歩いていると本当に気持ちが良い。積雪1m以上なので大木の枝が随分低い所からでているなど、夏とは違った森の風景になるのも興味深い。

三本滝から東大ヒュッテまでのコースは原生林の中を、地形と地図を見ながら、GPSの力も借りて方向を確かめながら下る。ルートを自分たちで作りながら歩くのもネイチャースキーのおもしろさだと新しい発見をした。

ヒールフリーのスキーは平地や緩斜面は楽に歩ける。何しろ1歩で随分進む。しかし急な下りや狭い道はなかなか大変。でも苦労しながら乗り越えれば、後で苦労話に花が咲く。テレマークがうまくできればと思うのだが。スキーの技術はなかなか奥が深い。

一の瀬園地での昼はお雑煮。最終日は餅入甘酒。雪の中で暖かい汁物はありがたい。参加者みんなで「おいしいね~」と言いながら食べるのがいい。

ネイチャースキーを楽しんで温泉で疲れをいやし、風呂上がりに冷たいビールをグウーッと1杯。その後、夕食を挟んで、スキーの話しなどあれこれ語り合うことができるのも楽しみの一つですね。

画像リフトに乗って三本滝へ画像これから森の中へ画像東大ヒュッテ前に出てきた画像二日目も元気に歩こう!画像凍結した牛溜池画像一の瀬園地で楽しいランチ画像凍結したあざみ池の上画像白銀の乗鞍岳をバックに

ふわく山の会ネイチャースキークラブのブログがスタートします

ふわく山の会ネイチャースキークラブのブログがスタートします。

まだ、試作の段階ですが、1か月ほどかけて徐々に内容を充実させていく予定です。よろしくお願いします。

ふわく山の会の会員の皆さまへ。このブログの管理者はネイチャースキークラブ部長3132です。よろしくお願いします。

 

P1040284(1)

今年3月末の山行「栂池自然園」にて記念撮影

P1040267(1)

晴天の下、自然園を目指して登ります。